/ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

Football Londonのスパーズ担当記者を務めるアラスデア・ゴールドがトッテナムのファンからのQ&Aに臨んだ。

スパーズが新監督を就任するまでには、現段階でどれくらいの時間がかかると思いますか?7月になってしまうのでしょうか?

アラスデア:先週言ったように、ファビオ・パラティチの到着が間近に迫っていることで、クラブは振り出しに戻ってしまった。新たな体制の目的は、スポーツ・ディレクター、フットボール・ディレクター、ジェネラル・マネージャー、あるいは何と呼んでもいいのだが、彼ら(クラブの上層部)が一緒に仕事をしたいと思うヘッドコーチを選ばなければならないということだ。

つまり、スパーズのこれまでの候補者リストは破棄され、イタリア人(パラティチ)が自分の部下を選ぶことになる。彼はすでにそのための作業を始めており、これから彼が決めた候補者と交渉し、その後にレヴィが判断するという手続きで、これからどれだけの時間がかかるかということになる。パラティチが正式に陣頭指揮を執ることになれば、すぐに解決することを期待するばかりだ。

スパーズは再びアントニオ・コンテを狙うことはありえるか?

アラスデア:パラティチはアントニオ・コンテと親しいので、2人の接点は常にあるだろうが、私が気になってるのは、コンテがトッテナムの監督になるための唯一の妥協点がコンテ側にある場合だ。スパーズは今の状態では財政をギャンブルには出ないだろうし、もしコンテが現状のトッテナムのチーム戦力をいつも彼がやっているように自分のイメージ通りに変えることができなければ、あまり長くは続かないだろうと思う。

コンテは世界最高の監督の一人だが、もし彼が財政的に制約のあるトッテナムで自分の経歴に傷をつけることになると感じたら、すぐに辞めてしまうだろう。彼は、タイトルを獲得したばかりのインテルで、まさにそれをやってのけたのだからね。

スパーズとインテルが、メンフィス・デパイのバルセロナへの移籍を4年契約を提示することで乗っ取ろうとしているというニュースがありましたが、パラティチのフリーでの補強の実績から見て、これは信じられるでしょうか?

アラスデア:パラティチは、選手を補強するための資金を調達するために、すでにクラブから放出する選手の移籍プランに取り組んでいる。スパーズがまだ選手の補強に動ける状況ではない。まず、選手を放出する必要がある。インテルも同じような立場だよ。