/あるプレミアリーグのクラブで3選手が新型コロナの症状を発症し検査へ

あるプレミアリーグのクラブで3選手が新型コロナの症状を発症し検査へ

プレミアリーグの医師たちは、本日、サミットを開催し、拡大する新型コロナウイルスの危機について話し合うことになった。

医師同士の話し合いはお昼頃に予定されており、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によってもたらされるリスクの増大を最小限に抑えるために、クラブのメディカル・チームが各クラブで導入する対処法についても話し合われる。

スタジアムやトレーニング・グラウンドの特定のエリアを閉鎖することが提案されるとみられ、さらに無観客試合の開催や試合が延期になる場合の明確なガイドラインの策定についても議論されるだろう。

さらにTelegraph紙は、プレミアリーグのあるクラブで3人の選手から症状をみられたため、すべての選手を診断し、その診断結果は金曜日に出ると伝えている。

プレミアリーグの20クラブの医療責任者は、この進行中のパンデミックを注視し、すでに2週間にわたって密接な連絡を取り続けている。

しかし、今日の議論では、新型コロナウイルスがもたらすリスクを軽減するための明確な手順を決定する必要がある。

さきほどの選手を診断したクラブについては、今週初めに1人の選手に症状が現れたために自主的な隔離状態に置かれ、その後、新たに2人に症状が現れたようだ。

Manchester City's game against Arsenal was the first to be cancelled due to coronavirus fears
シティは新型コロナの脅威によってアーセナル戦を延期。プレミアリーグで初めての対応となった