/ステーフェン・ベルフワイン:フィテッセ戦を控えての記者会見

ステーフェン・ベルフワイン:フィテッセ戦を控えての記者会見

トッテナムのウイングの質の高さを考えると、(出場チャンスを得るために)我慢は避けられないのでしょうか?

このチームには常にポジション争いがある。良い選手がたくさんいるし、僕はしばらくの間休んでいたので、もう一度自分を見せなければならないんだ。復帰したばかりだけど、体調が戻ってきたことに満足しているよ。

あなたのような選手が出場機会を得るために、この大会はどれほど重要ですか?

何かを勝ち取るチャンスであり、自分を見せるチャンスでもあるので、とても真剣に取り組んでいるよ。

明日は、故郷で友人に会えるのでしょうか?

何人かの友人は試合を観に来てくれるだろうけど、一番大事なのは、僕が好調を取り戻し、再びプレーできるようになることだね。

過去のフィテッセ戦はどうでしたか?

PSV時代の対戦では大変な思いをしたし、彼らはいつもアヤックスを苦しめていた。彼らは良いチームであり、対戦するのは難しいので、簡単な試合にはならないだろうね。

オランダでは、あなたが代表チームの右ウイングでプレーすることを拒否したという報道がありましたが?

僕が右ウイングでプレーしたくないと言ったのは事実ではないよ。僕がファン・ファールに言ったのは、左ウイングのときの方が最高の状態でになるってことだけだよ。

トッテナムでもPSVでもそのポジションでプレーしているけど、彼が必要とするところならどこでもいいと言っている。監督が右ウイングとしてプレーするように言えば、右ウイングとしてプレーするよ。