/マウリシオ・ポチェッティーノ:シェフィールド・ユナイテッド戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:シェフィールド・ユナイテッド戦を控えての記者会見

ベオグラードでのパフォーマンスが転機になるか?

そうだといいのだが、願わくば同じような戦いがしたい。あれは難しい試合だったし、結果は4-0で簡単な試合だったように見えたかもしれないが、試合のほとんどの時間帯で、私たちは苦しみ、失点されかけたこともあった。相手のシュートはポストを叩いていたし、ゴールが決まっていれば試合を変えていただろうが、信じられないようなパウロ(ガッザニーガ)のセーブがあった。

いつだって先にゴールを決め、それから試合をコントロールするためには、幸運が味方してくれなきゃいけない。エヴァートンでは(先制ゴールを決めることができて)嬉しかったし、レッドスターと戦って、次はこれからだが、今シーズンはここで勝つ必要があるが、しかしシェフィールド・ユナイテッドとの戦いは厳しいだろう。

ロチェルソは明日出発する準備ができていますか?

明日(土曜日)の朝に見極める必要がある。回復するには短い時間だな。一部の選手は小さな問題に抱えていて、プレーするには十分にフレッシュな状態ではないかもしれない。

6日間で3試合を戦うんだ。明日のチームをまだこれから決めなければならないよ。

あれから1週間が経ったがソンはどうだ?

本人は他のみんなと同じように影響を受け、あの試合中、そして試合後も、選手(アンドレ・ゴメス)がどれほど大きな怪我を負っているかを判断するのは難しかった。

私たちが10人となって失点をした後、彼は責任を感じていた。しかし、彼にはあの怪我の責任はないし、(水曜日には)非常に良いコンディションと精神的なレベルにあることを示した。

彼があの場面に関与していたので少し混乱があったし、もちろんレッドカードを出されるというあの判定によって、さらに混乱が生じていた。

もちろん、彼もみんなと同じようにアンドレのことを気の毒に思っているが、アンドレからのソーシャルメディアのメッセージが前向きなものであって、大きな安心感を与えてくれたし、ソンも今はしっかりトレーニングに打ち込んで、気持ちを回復している」

エリック・ダイアーが離脱期間中のことを話したが復帰はどれほど大きい?

そのインタビューは見ていないよ。

マルコ・シルバと話していたのはアンドレのことで、シーズンの初めにエリック・ダイアーが負傷離脱していたのと同じで、私たちは彼らが最高の状態になるのを助け、そして良いパフォーマンすができる機会を与えていくんだ。

高いレベルでの戦うことの問題は、戦い続けなければならないために離脱した選手の不在を惜しんでいられないことだよ。

今現在のラメラやフェルトンゲンにおいても、離脱が悲しくて椅子に座って泣いていられるだろうか。もちろん、プロであっても、選手の離脱は寂しいが、この連戦のなかで負傷して欠けている選手がいても泣いてはいられないんだ。

絶え間なく先に進まなければならない。少し残酷だが、そんな考えを持つことはできない。次の試合に勝つためには、先に進んで解決策を見つけなければならない。

監督としての立場でなく、マウリシオ・ポチェッティーノ個人に尋ねるなら、もちろん、選手たちの離脱しているときは悲しく思うよ。エネルギーを捧げるものや人間関係は人それぞれだが、仕事とプライベートを分ける必要がある。感情の影響を受けることなく、仕事に責任を持って決定を下さなければならない。

Tottenham Hotspur