/マウリシオ・ポチェッティーノ:リバプール戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:リバプール戦の後の記者会見

受難のセルジュ・オーリエの今シーズンをどう思う?

私は彼に満足しているよ。もちろん今日は機嫌が悪くなっているだろうし、私たちの誰も満足はしていないが、PKを与えることもあるんだ。もちろん、誰にだってあることさ。罪悪感を覚えるだろうが、そんなこと気にすることはない。

もちろん彼やチームについては何も言うことはない。私はチームを後押ししているからね。私たちには29人の選手がいて、皆にプレーする機会がある。それだけだ。トッテナムで過ごしたの5年半、ここで皆で力を合わせ、私たちが選手たちを後押しする時だよ。

タンギ・エンドンベレがピッチに入ってから大きな変化をもたらしたが、次は先発か?

大きな変化? 何をした?

彼のパスだ…

あぁ。だが、今回は試合はまったく違う内容だったよね? 評価の仕方には気をつけたほうがいいよ。試合前に皆さんと同じ記者の一人と話していたんだ。チームには29人の選手がいて、ローテーションを組んで選手全員のモチベーションを保つことが非常に重要なんだ。彼は火曜日にチャンピオンズリーグで先発し、ハリー・ウィンクスはフレッシュな状態でプレーした。

普通のことさ。それにベンチからピッチに入った選手にはインパクトを与えてくれる必要がある。だがもちろん彼は良いパスを出している。彼はフレッシュだったね。当然だよ。その逆だと困ってしまうがね。

コーチや監督は決断を下す必要がある。もちろん私たちは今、しっかり見極めなければならない立場にいるが、ポジション争いはオープンだ。ピッチ上ではいろいろなことができますが、最終的にそれぞれのパフォーマンスはどっこいどっこいさ。

Tottenham Hotspur