/マウリシオ・ポチェッティーノ:リバプール戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:リバプール戦の後の記者会見

今日のパフォーマンスは?

局面によりけりだ。試合中に異なる顔を露呈した。私たちはよくプレーしたと思う。もちろん、こんなに早く先制できたのだから、守備を固めようとするだろうし、それで主導権を握ろうとせず、ボールはほとんど保持しなかった。前半は、連携プレーを見せ、プラン通りに試合を支配して前に出るのは困難だったよ。

もちろん、こんなに早く先制したので、守備が重点になったんだ。後半の試合はよりコントロールされ、私たちはスペースを減らていたし、自分たちがチャンスを生み出し始めた。私たちは追加点を決められなかったが、アンフィールドで失点してしまえば、それがホームチームのレベルを上げ、最終的にPKを許し、私たちは試合に負けてしまった。

とても激しい争いが繰り広げられた試合で、私たちはよく戦った。私たちが改善しなければならなかった多くのポイントが改善されたと思う。私はもちろん、ボールを持ってプレーすることができず、相手をもっと深くに押し込むことができなかったことに少し失望している。その点では失望したが、私たちは戦えていたし、この調子で前進する必要がある。

私たちは今日とても優れた相手と試合をした。リバプールはヨーロッパで最高のチームの一つで、私たちはとても競争力を持って戦えていたと思うよ。

ソンが決めていれば2-0となったチャンスをバーに当て、その5分後にリバプールが同点に追いついたことにチーム力の差が出たか?

あぁ、今シーズンの私たちが獲得できなかった勝ち点を本来はもっと獲得できていたと思う。こういうことはよくあることで、今はより強く前進し続けなければいけない時期だね。おそらく別のシーズンであれば、このような状況において後半に私たちは2-0や3-0とできていたのかもしれないが、今日はそうはならなかったね。

冷静さを保って、チームをしっかりと評価して、最善の決定を下すことが大切だ。

あのPKの判定をどう思った?

不満は言いたくないし、主審の判断を受け入れなければならないよ。技術的には接触があったからPKかもしれないが、正直言って、ボールはずっと先にあった。

あなたにもとてもソフトな接触だったとわかるだろう。PKであり、主審やVARの決定を受け入れる必要がある。もちろん、何も言うことはないよ。

オーリエはマネがいることに気づかなかった?

あぁ、フットボールではこういうことが多いんだ。残念ながらPKを許してしまい、結局試合に負けてしまった。

Tottenham Hotspur