/ヌーノ・エスピリト・サント:フィテッセ戦の後の記者会見

ヌーノ・エスピリト・サント:フィテッセ戦の後の記者会見

結果についての感想は?

予想通りのタフな試合だったよ。ヨーロッパ・カンファレンスリーグで、アウェイゲームを戦うのは大変なことだ。我々はよく戦ったと思うが、攻撃面では、もっとうまくアクションを終えるべきだと思うね。いくつかの局面でコンビネーションが欠けていたよ。

後半に少しコントロールを失った時間帯があったが、ゴールを狙うべき瞬間に集中力を欠いたという点は、いつものように改善すべきだ。カンファレンスリーグは、常に選手たちにプレー時間を与えてくれる場であり、努力している選手たちには相応のチャンスがある。それがすべてなので、前進していくよ。

グループ戦のことを考えると、ホームでフィテッセとレンヌとの試合があり、その後、ムラとの対戦がある。まだここからグループ戦の状況を解決することができるよ。

今回のチャンスをものにした選手はいますか?

それは質問ではないよ。なぜなら、ご存知のように我々には厳しいスケジュールが待ち受けており、すべての選手が可能な限りベストな状態になる必要があるからね。

より強い選手をベンチに置いておくべきだったのでしょうか?

選択肢については議論しなければならないが、決定はなされたんだ。この決断には少し時間がかかったが、U-23の選手で(週末の試合に)先発した選手たちをサポート役として抜擢することにしました。ディラン(マーカンデイ)だけをピッチに投入したのは、試合に必要なことだけを考えたからだよ。