/ヌーノ・エスピリト・サント:ウェストハム戦の後の記者会見

ヌーノ・エスピリト・サント:ウェストハム戦の後の記者会見

どこが悪かったのか?

失点の仕方が悪かったが、それを除けば、我々は良い試合をしたと思うよ。ポゼションし、ゲームをコントロールし、創造し、ウェストハムのカウンター・アタック以外には、多くのチャンスを相手に許さなかった。

我々は、敵陣のエリア内でもっとうまくやるべきで、試合のその瞬間にアグレッシブになるべきチャンスがあるんだ。これが私の考えだよ。

ロンドン・ダービーで4敗し、わずか1ゴールというのは心配ですか?

ロンドンダービーは、ファンや我々にとって大きな意味を持つが、それに勝つことができなかったのだから、当然、悔しい思いをしているよ。痛みが伴うし、その痛みを私は理解しているから、とても悔しいよ。

後半、決定的なチャンスを作るのが難しいと感じたのはなぜですか?

ウェストハムが大勢でボックス内を守っていたからだ。スペースがあまりなかったので、もっと早くボールを動かしてワイドエリアに行くべきだった。

だが、相手チームと全員がボールの後方に構えているときは、スペースやギャップを見つけるのが難しいものだ。

もっと早く交代すればよかったと後悔していますか?

いや、さっきも言った通りゲームをコントロールしていたんだ。交代は必要だと思ったときにするものだよ。選手たちは良いプレーをしていたので、チームに必要だと感じた瞬間に交代をした。