/マウリシオ・ポチェッティーノ:エバートン戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:エバートン戦の後の記者会見

レッドカードに異議申し立てをするか?

わからないよ。これからどうなるかはわからないが、クラブが異議申し立てが可能かどうか調べるだろう。私たちが変えられないのはレッドカードの後にこの試合で起こったことだけだ。

ソンにとってトラウマとなりうるがクラブの心理学者と面談になるか?

私たちは最高の心理学者、生理学者、医者、チームメイトが揃っている。まず、素晴らしいエバートンの選手たちに感謝したいと思う。キャプテンのコールマンはソニーを慰めるためにドレッシングルームに来てくれた。今はとても落ち着いている。エバーートンのチームを代表して来てくれた選手たち、そしてもちろんコールマン本人にお礼を言いたい。

それでソンは救われたのか?

もちろんだ。もう大丈夫だよ。アンドレが気の毒であったと思うのはもちろんだが、これもフットボールなんだ。こういった側面も持っている。ソニーの意図とは異なるこれほどひどい結果を引き起こしたタックルであっても、単にボールにチャレンジし、足を足が当たり、アンドレが着地した結果だ。皆さんも何があったかは正しくわかっていると思う。彼、彼の家族とエバートンにとって悲劇だ。私たちにできるのは彼とエバートンへのサポートを示すことだけだ。

セルジュ・オーリエも動揺しているように見えたが?

セルジュに正直なところ、落ち着いていたよ。もちろん、このような状況が起こったことは非常に残念なことであり、失意の感情はある。まずこの惨状があって、試合の結果はそれに比べれば重要ではない。確かに、この状況に影響を受けるのはセルジュやソニーだけじゃないよ。

Tottenham Hotspur