/マウリシオ・ポチェッティーノ:ツアー先のシンガポールでの記者会見での全コメント

マウリシオ・ポチェッティーノ:ツアー先のシンガポールでの記者会見での全コメント

厳しい夏だと言ったが、トッテナムで自分の将来を疑問に思うことはあった?

私は素晴らしい時代だったと皆さんに言ったんだよ。トッテナムとの困難なプロジェクトで5年間を過ごした後、私たちへの周囲からの印象と現実について、さらにトッテナムをヨーロッパとイングランドで最高のチームにするために費やした全てのエネルギーでどのように戦うかについて多くのことを話した。もちろん、あなたの頭の中では特別だったのだろう。なぜなら、いつも優先すべきはクラブであり、もちろん、私にとってもいつも私自身よりクラブを優先しているつもりだからね。

もちろん、あのファイナルを違う結果で終えていたら、皆さんの評価はまた違ったものになるかもしれないが、まあ、そうなっていたら私たちはクラブを離れて、クラブは新しいコーチング・スタッフと本当の意味で新しい章に突入する瞬間になっていただろうね。しかし、あのファイナルの後はあまり良い気分ではなかったと思うし、あのようなシーズンの終わり方はね。それに私は困難な状況から逃げ出す人間ではないんだ。私はより大きくて難しい挑戦が好きで、その精神を再構築して、また同じようなシーズンを過すための努力こそが、私を大いに刺激し、やる気を起こさせるんだよ。

チャンピオンズリーグで優勝したら物語は変わっていた?

確かに。栄光に触れた時、あなたは違和感を覚え、選手たちもまた違和感を覚える。そこから目標が変化する。キーランがマドリードのメディアに説明してくれた、私とのプライベートな会話ようなものだね。彼はトッテナムで私たちと一緒に働くのが大好きだった。しかし、28歳か29歳の選手は、時に新しいものや新しい課挑戦を見出す必要がある。それはあなたの中にもあり、あなたにしかわからない。あなたが同意するかしないかにかかわらず、あなたがどう感じるかなんだ。あなたは、あなたにとっての挑戦と目的を持った個人であり、それは受け入れなければならないはずだ。

サッリのユベントスへの移籍をどう思ったか?

状況がわからないので、これから様子を見守るよ。彼がチェルシーといた時、私たちは素晴らしい関係を築いた。イタリア人コーチにとって、ユベントスは世界最大のクラブの一つだ。彼にとっては夢だったろうから、そのオファーを受け入れたのだと思うね。日曜日に話すよ。彼は素晴らしいコーチで、ユベントスは素晴らしいクラブで、私は彼が大きな成功を収めることを願っているよ。

Tottenham Hotspur