/マウリシオ・ポチェッティーノ:ツアー先のシンガポールでの記者会見での全コメント

マウリシオ・ポチェッティーノ:ツアー先のシンガポールでの記者会見での全コメント

マウリシオ・ポチェッティーノがエリクセン、レヴィ、移籍、トリッピア、ローズなどの話題についてコメントした。

新シーズンについてダニエル・レヴィ会長と話をしたか?

私たちはこの数シーズン、多くの話をしたと思うが、ハリーの話を聞いて、リバプールのような他のチームと比較することを彼に頼むのはちょっと不公平だと思ったよ。私たちはここ数年、全く違う世界にいたんだ…。トッテナムをリバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシーと比較すると、私たちはスタジアムを建設し、練習場やロッジを建設した。そして昨シーズンは3つの異なるスタジアムでプレーしたし、ウェンブリーで2シーズン以上プレーすることを強いられていた時代だったことを忘れてはいけない。

ちょっと不公平だと思うね。トッテナムを創造の象徴として見なすことができるだろうね。他のチームをそのように見ることはできないが、それは新しいスタジアムで新しい時代を踏み出すトッテナムへの公平な評価だ。これから新しいスタジアムでスタートできる。そしてこの休暇は私にとってとても大変で、ファイナルの後で、前に進むのが難しいと思っている。スタッフとして最高の時間を過ごした。3週間を共有することは素晴らしかったと思う。ファイナルに向けての準備は信じられなかったね。幸せだったよ。5年間で最高の出来事だった。最悪の気分でシーズンを終えるのは悪いことかって?それはノーだね。

それでもやはり痛手だったし、辛かったが、トッテナムの歴史上初めてチャンピオンズリーグの決勝に進出して優勝に近づいたんだ。リバプールのような強豪チームと戦ったが、決勝で負けてしまっては受け入れがたい。

しかし、先週から私たちはトレーニングを始め、再びやる気を出し始めている。もちろん、皆さんが新たなシーズンを楽しみにしているが、やるべきことがたくさんあり、私たちが期待しているレベルとは遠く離れている。もちろん、どのシーズンも皆にとって大きな挑戦だ。なぜなら、それは私の個人的な挑戦であるだけでなく、クラブの挑戦であり、選手の挑戦であり、そのすべてを一緒に混ぜ合わせて融合させるのには時間が必要で、プレミアリーグやもちろんチャンピオンズリーグで良い結果を出すための計画を設計することを試みている。

これからはこれまでと違うことをする?

もちろん毎シーズン違うことを期待していかなければならないのはわかっているが、新しいスタジアムに移転するまでが一つのプロジェクトであり、それまでは適応性と環境が最も重要であることはわかっている。ここからは新しいスタジアムへの移転の問題を言い訳にはならないし、ここ数年とは当然違うことになるね。