/ジョゼ・モウリーニョ:アーセナル戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:アーセナル戦の後の記者会見

シソコとルーカスをワイドに配置した今日の戦術について教えてもらえますか?

授業料はいくら払ってきた?(笑) Amazonは何でも知ってるからラッキーな奴らだよな。正直に言うと、アーセナルは私の意見では、よいプレーをしているよ。

ミケルが替わってから、そして彼らが3人+両ウイングバック、2人の中盤の選手+3人のいずれも優れた攻撃的な選手でプレーするようになってからはね。彼らはとても良いプレーをしていると思う。

我々はチームの陣形を変えて、より良い配置で試合に勝ちにいくために、コントロールする必要があると感じたんだ。

相手はベジェリンとティアニーをワイドで高い位置でプレーさせて、オーバメヤンとペペかサカをインサイドに置いてくる。私は、守備の4人には中央のエリアを閉じることに集中してもらい、彼らには特別な場面でのみ相手のウイングバックにだけ守備に対応するようにしたかった。そのためには、シソコとルーカスの犠牲が必要だったんだ。

その守備の時でさえも、攻撃へのトランジションとプレーの方向を変えるために2つのターゲットを我々は保っていた。ソニーがハリーの近くでプレーしていたので、1人(ケイン)はよりボールを収めるターゲットマンとして、もう1人(ソン)はスペースに走り出して攻撃を仕掛けることができた。

それがこの試合の戦略だったが、それ以上に重要だったのは選手たちだ。選手たちのメンタリティーと試合での取り組み方、そしてアーセナルとのライバル関係だね。

特にあのボーンマス戦の後だけに、後半に選手たちが作ったチャンスの数はチームの創造性と攻撃力に自信を与えたのではないでしょうか?

もっと目的というものを考えなければならないと思う。我々は攻撃的な選手をたくさん使ってプレーしていたし、今日も中盤の選手は2人しかいなかったし、そのうちの1人は主に攻撃を作る選手であるジオ・ロチェルソだった。

我々はいつも攻撃的な選手をたくさん使って戦っている。常にワンタッチが多く、常にボールを受けに来る選手が多すぎて、スペースを突いた攻撃していないという目的意識に欠けることもあると思っている。

他のチームはそれほど攻撃にパワーを割かなくても、より目的を持ってアグレッシブな攻撃の展開している。

その点は改善しなければならないと思うが、このチームは守備の問題をたくさん抱えていた。攻撃での問題は、最初は怪我人が多かったことが原因だった。守備的には、多くのゴールを奪っているチームで、クリーンシートを維持するのは非常に難しい。