/ジョゼ・モウリーニョ:ウォルブス戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ウォルブス戦を控えての記者会見

もし日曜日に勝てば、トップ6に入りるか?

もし…。

意味か?

我々は自分がどこにいるかを知っており、順位表で2位争いのグループに属しておらず、7〜8位争いにも属していないことを意味する。我々は本来の居場所を知っていて、シーズンの終わりにそこにいると信じている。しかし、プロセスを進めて、着実に結果を得て、遅かれ早かれ本来の順位にたどり着けるのであれば、我々のとって明らかに最善なことだが、それでも少し時間が必要だろう。我々は多くのことを進化させていく。そして、我々は改善するだろう。我々はそれだけの才能と欲望を持っているので、必ず進化すると思うよ。しかし、この時点では、あなたが正しい。我々は3年間、同じコーチが指揮を執るチームと対戦する。安定した戦い方でアイデアを発展させている相手だ。彼らはほとんど完璧な意思疎通でプレーするので、我々にとっても彼らにとっても非常に難しい試合になるだろう。

クリスマス期間にジオバニ・ロチェルソが先発する試合は増えるか?

彼は我々の選手だ。選手の頭数が少ない状況で、いつも同じ選手でプレーするのは無理なので確実に先発の機会はある。ソニー、デレが優位なのは明らかだ。この時点で、2人は一歩先にいる。何人かの選手が一歩先にいるのはここまでのパフォーマンスのおかげだというのは隠せないよ。だから、あなたが日曜日に先発するか? を知りたいのならば、答えはノーだ。

スパーズで彼のポテンシャルがフルに発揮されるにはどのくらい時間がかかるか?

わからないよ。それを答えることはできない。そのプロセスを加速する選手もいれば、すぐに適応する選手もいる。一方で時間がかかる選手もいるよ。何とも言えないね。

ライアン・セセニョンを左サイドバックか?

いや、時には必要に迫られて決断をすることもあるので、100%のノーとは言えないが、彼が成長を進めている現時点で、プレミアリーグで左サイドバックとしてプレーできるとは思っていない。