/ジョー・ロドン:レンヌ戦を控えての記者会見

ジョー・ロドン:レンヌ戦を控えての記者会見

ヨーロッパのナイトゲームに出れなかったのはどんな思いでしたか?それに対してどう対処しましたか?

悔しかったね。でも、あれは僕をグループに適応させるためのものだったと理解している。誰もが多くの試合に出場したいと思っているけど、そうはいかないこともあるからね。僕にできるのは、ただひたむきに努力を続け、チャンスを待つことだったんだ。

出場していない時、トレーニング・グラウンドでは寂しい思いがしましたか?

いや、昨シーズンは、スタッフも含めて、みんなが僕によくしてくれた。僕にとって1年目だったけど、すべてに慣れ、適応することだけに集中していたんだ。さっき言ったように、すべての出来事には理由があると思うし、今シーズンはより多くのチャンスを得られて嬉しく思ってるよ。

ヌーノはこれまでの監督とどう違いますか?

ええ、どの監督もそれぞれのやり方で違うと思う。僕はこの監督との付き合いは長くないけど、今のところ監督は僕に対して素晴らしい接し方をしてくれている。監督から学びたいと思っているよ。僕は一生懸命働き続けなければならないし、それで僕をどのように導いてくれるのか見てみたいね。

レンヌのクオリティーについてはどうですか?

昨シーズンのリーグ戦では上位につけているし、トップクラスの選手が育ってきている。とても難しい試合になると思うけど、楽しみにしているよ。