/ジョー・ロドン:レンヌ戦を控えての記者会見

ジョー・ロドン:レンヌ戦を控えての記者会見

昨シーズンは登録メンバーに入れず、いよいよスパーズでの初めての欧州フットボールになるが、興奮しているのでは?

ええ、あなたがおっしゃるように、昨シーズンはたくさんのチャンスがあっただけに悔しい思いをしたが、明日の夜、うまくいけば今シーズンを成功させるためのスタートを切ることになるわけだし、とても興奮しているよ。

昨シーズンはいくつかの試合に出場できず、今年の夏には負傷するなど、これまでスパーズでは不運だったと感じていますか?

そのように考えることもできるけど、過去のことは過去のこととして、今は前を向いて、将来のことにワクワクするしかないよ。

スパーズでは、わずか11ヶ月の間に3人の異なる監督が就任しましたね。どのような気持ちでしたか?

もちろん、同じ監督のもとで自分のことを知ってもらえるのはありがたいことだけど、それがフットボールというもので、そういうものなんだよ。自分の力を証明し、再び挑戦しなければならない。今の監督はチャンスをくれるし、そのチャンスを自分の両手でしっかりと掴まなきゃいけないんだ。