/アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

「嘘をつくつもりはないよ。これまでの時間のなかで、僕は本当に辛い瞬間があったんだ。痛くなかったとか、足が岩のように固まってなかったとか、嘘は言えない。そういう日々もあったけど、できるだけ早くチームに戻りたいと思っていたんだ」

「クリスマスと大晦日の2日間だけ休暇をとったよ。普通の日に僕は午前7時に起きて、午前8時にワークし始めていた。それから、だいたい3時間のメニューをこなして、3時間のジム、プールでさらに2時間を過ごして、休憩、食事、運動をしていたよ。休憩を入れてから、おそらく1時間くらいエアロバイクを漕いでたね。それから夕食をとって、就寝だ。2ヶ月間をそうして過ごしたんだ。そこで次の問題は、僕がいつ復帰するか、それと以前の僕と同じ状態になるかだった。多分、以前よりもよくなるかな。そこらへんはちょっと心配だったけど、僕の怪我の面倒をみてくれた人たちが支えてくれたんだ。この問題の答え答えがわかってからは、気が楽になったよ」

彼の言葉から、まるで平坦な道のりを進んできたかのように聞こえますが、現実はまったく異なる。ゴメスが汗の最後の一滴まで流し切る不断の努力を費やさず、またはすべてが正しい方向に進んでくれなかった場合、エミレーツ・スタジアムで大喝采を受けるまでには復調できなかったであろう。

彼が日曜日のマンチェスター・ユナイテッドとの試合で先発するか、ベンチから途中出場を果たせれば、親友のブルーノ・フェルナンデスと再会を果たすことになるが、26歳のアンドレ・ゴメスはエバートンのここからの前進において重要な役割を果たすことは明らかだ。そしてカルロ・アンチェロッティはゴメスの復帰に興奮し、喜んでいる。

それでも、アンチェロッティの喜びは、ゴメス自身が感じる信念に匹敵するものではない。完全にスピードを取り戻すにはまだ少し時間がかかるが、彼が今、笑顔で前向きに見えるのは、それ自体が勝利である。それはまた、彼が芝生の上で無力に横たわっていたあの場面の記憶を払拭するものだ。

「僕があの出来事を過去のものにしなければならない。そうでなければ、人々が振り返ってしまうからね」

「僕がしっかりと戦わなければ、人々は『多分、彼は恐れているんだ』と『多分、彼は足を踏み出せないんだ』と思い、そう口にするだろうね」

「自分自身を守ることはできるけど、80パーセントの時間、特にプレミアリーグでは一生懸命に努力する必要がある。僕だってそうさ。頑張らないといけないんだ。以前の自分を取り戻さないといけないよ」

Gomes says he had just two days off prior to Christmas and worked around the clock on rehab