/アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

しかし、実際に笑えなかったのは、数時間してからあの出来事を映した写真がネットに出回ったことだ。何らかの不気味な理由で、あの恐ろしく損傷した足首の写真が拡散されて、ゴメスの入院する病院内でも出回ってしまった。彼はそれを見てはいないが、何が起こったのかを知っていた。

ゴメスは首を振りながら語る。

「ソーシャルメディアとインターネットのおかげですべてが本当に速くなった」

「どうも人々は『哀れな人間』だと思ってくれてるんだろうけど、それから(写真がネットに出回って)、僕でもすぐに見つけることができるようになったんだ。それはとても不気味だったよ。だからこそ僕は見ようとしなかったんだ」

しかし、唯一彼が見つめていたのは、前向きな未来だった。手術が完全に成功したことが明らかになった後、彼はいつどのようにキャリアを再開するかの計画を策定し始めた。

彼の電話は絶え間なくなり続け、多くのメッセージを彼は耳にすることができた。バルセロナで共にプレーしたリオネル・メッシ、ポルトガルの同胞クリスティアーノ・ロナウドからの励ましのメッセージもあった。さらにはアラン・シアラーからの予期せぬメッセージさえあった。シアラーは現役時代にグディソン・パークで同様の怪我を負っていたのだ。

エバートンのサポーターからも全快を願うメッセージが波のように届き、ゴメスは負傷前よりもフィットして、強くなって戻るという決意を高めることとなった。

Gomes received messages of support from fans and players including Messi and Ronaldo
エバートンのファンやメッシ、ロナウドからも励ましメッセージを受けたゴメス