/アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

現在、ゴメスは完全に復調しており、この会話はある意味でカタルシスのように感じられる。彼はあの出来事の映像を見たことがないが、彼の身体を引き裂く痛みを感じたその詳細を彼が伝えた内容は非常に注目に値するものだ。

さらにアンドレ・ゴメスは、エグゼクティブ・ボックスで試合を観戦していた兄弟のヌーノの物語を聞かせてくれた。ヌーノは娘を初めて観戦に連れて行ったその試合が「夢の日」となるはずだったが、「悪夢の日」に変わってしまった。

「ヌーノは走ってスタンドからピッチに駆け込もうとしたんだけど、スチュワートに『待て!待て!やめてくれ!」と止められたって、みんなが教えてくれたよ。ピッチ上では医師が素晴らしい処置をしてくれていた。病院に搬送されるときにはヌーノが僕と一緒にいてくれたんだ。みんなにとって本当に大変な出来事だったのさ」

Gomes can remember seeing the reaction of team-mate Richarlison and Son moments after
あの出来事の後に頭を抱えるリシャルリソンとソン・フンミン

しかし、ゴメスほど大変だった者は他にはいない。それから2週間、彼は自身の未来について誰とも話すことができなかった。彼は48時間後にソン・フンミンと電話で会話をし、この韓国人に向けられるいかなる非難に対してもソンは潔白であることを伝えたが、それでもそれから起こったことにゴメスが対処することはできなかった。

「ソンはナイスガイだ。彼は謝罪をしたし、僕はこうったことは起こってしまうものだと説明したよ。明らかにあれは意図的ではなかったんだ」

最初の2週間、ごメスをフラッシュバックが襲った。右足が自分の意思とは無関係にひきつり始めることがあり、それが彼の記憶によるものだとゴメスは学んだ。彼がそれを考えれば考えるほど、起こってしまうのだ。

「その現象と向き合ったんだ」

絶望的な状況だったにもかかわらず、ゴメスはユーモアで振り返った。

「あの現象を見るのはとても面白かったんだよ!」