/アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

アンドレ・ゴメス:僕があの出来事を過去のものにしなければならない

ホーリングスワース医師が負傷したゴメスのもとに到着すると、その状況を見極めて、ゴメスに患部である足を元の位置に戻すと伝えた。その処置がなければ、復帰までのリハビリはより困難なものになっていたかもしれない。ここでゴメスがその時の状況を強調して伝えるために、ジェスチャーをしてみせた。

The midfielder was given oxygen and adrenaline which he says made him feel 'mad'

「あれが起こったとき、僕は自分の足を見ることができなかったんだ」

「僕は視線を避けようとしていた。その光景を頭の中に描きたくなかったんだ。僕はすでに痛みに苦しんでいて、すぐに何かがおかしいことはわかっていた」

観客の中の家族連れにゴメスが視線をおくるとその両親が子供の目を遮っているのを見たとき、彼の感情は悪化した。さらにタッチライン際に立つスチュワート(警備スタッフ)たちが観客の視線の壁となろうとしていたこと、尋常ではない事態が起こっているとの思いを増した。

「医師はアンビリーバブルだったね。彼がしてくれたことが本当に重要だった。本当に素早かった。彼がその処置を望んでいることはわかったよ。アドレナリンが出ていて僕は狂っていたから、酸素を拒否した。すべてを感じていたよ」

Gomes has hailed Hollingsworth and says his quick intervention could have saved his career
キャリアを救ったホーリングスワース医師を称えるゴメス

「僕は叫びながら、スタンドの観衆が僕を見ながらこういう感じだったよ(ゴメスが恐怖で手で顔を覆うジェッシャー)。メインスタンドの隅では親が子供たちの視界から僕を外そうとしていたんだ!」

「何かが間違った方向を進んでいることはわかっていた。彼(ホーリングスワース医師)はすべてのことをきちんと対応してくれていると僕は確信したかったし、実際に彼はアンビリーバブルだったんだ。彼は僕の足首を本来のところに戻してくれた。僕は靭帯と骨の損傷をしていた。彼はそれを2度の動きで、回転させて戻したんだ」

「ジェンク(トスン)、リュカ(ディニュ)、それとリシャルリソンも近くにいたことを覚えてる。ルイス・ボアモルテ(当時のアシスタントコーチ)が僕の隣にいて、足首を戻している時に僕は彼を殴ってしまったんだ! 肉体的にも精神的にも大変なことになっていたんだよ」