/センク・トスンがアンドレ・ゴメスを襲った悲劇を振り返る

センク・トスンがアンドレ・ゴメスを襲った悲劇を振り返る

エバートンのコーナーキックの場面でデレ・アリがジェリー・ミナとの競り合いにおけるデレのハンドについてVARが介入したが、ストックリー・パークの前の出来事について3分13秒の間の検証の後、PKは与えられず、ホームのサポーターのムードが暗くなっていた。

エバートンのマルコ・シルバ監督は次のように語っている。

「ピッチで何が起こったかを話すのは、私たちにとって本当に難しい。私が言いたいのは、私たちは皆フットボールが大好きで、ファンのためにプレーしているが、彼らファンが今日の午後に見たものが好ましいものではなかったのは100%確かだ」

「後半、試合が止まる瞬間がたくさんあった。デレ・アリのPKについては、決定が下るまでに3分を要した。もっと明確にする必要があるよ。私たちのファンは先週、チームがまったく何んでもない場面でPKを受けて試合に負けたんだ。それから今日の午後は全く逆になってしまった」

「デレ・アリの場面だけではなかった。私はすべての局面を見て、それらすべてについて意見を持っている。どうしたら判定まで3分もかかるんだ? 私もクラブも、私たちは審判をリスペクトしているし、審判はタフな仕事だ。そしてVARもリスペクトしている。彼らが最高のものを求めていることはわかってるが、決めるのは彼らなんだ」

これでプレミアリーグのアウェーゲームで12試合に勝利が無いポチェッティーノは、ポルトガル人指揮官の気持ちを代弁した。彼はこれまでのVARの判定に憤慨し、ソンのチャレンジに悪意はないと強調した。

「ソンが、今回起こってしまった問題を意図的に起こそうとしたわけじゃないのは明らかだった。彼がレッドカードを受けることになったのが信じられないよ。試合はうまくいったと思う。問題は審判の判定によって1人少ない状況でプレーしなければならなかったことだ。私たちは1人少ない人数でプレーし、ゴールを許した」

「私は決してVARについて文句は言わないが、最善の方法でVARを活用してもらいたい。それはフットボールの精神を変えてしまう。それはとても大きな混乱を引き起こしている」

Tottenham Hotspur