/センク・トスンがアンドレ・ゴメスを襲った悲劇を振り返る

センク・トスンがアンドレ・ゴメスを襲った悲劇を振り返る

ポルトガル代表のゴメスは試合の後半にピッチから担架で運び出され、エバートンのメディカルチームのメンバーと一緒に救急車でエントリー病院に運ばれた。病院で検査を受けたところ、右足首の脱臼骨折が確認されている。

ソン・フンミンはVARの介入の後、このチャレンジによってレッドカードで退場となったが、試合の主審を担当したマーティン・アトキンソンは当初、ソンにイエローカードを提示していた。ゴメスに起こったことにソンは大いに動揺していたため、彼がプレーを続けられたかどうかは疑わしかっただろう。

2017年3月に同様の怪我をしたエバートンのキャプテン、シェイマス・コールマンは、試合後にトッテナムの控室に行き、そこでソンと五分間に渡って言葉を与えていた。コールマンは「今回起こったことは事故」だと言って、ソンを慰めようとしていた。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、 「ソンは退場になるべきではなかった」 と試合後に主張した。プレミアリーグがソンのチャレンジについて「相手を危険にさらした」という声明を出した後、24時間以内にスパーズは異議申し立てをするかを決定することになる。

ポチェッティーノは 「ソンは壊滅的な衝撃を受けている」とも明かしていた。

「エバートンの選手たちが彼を慰めに来てくれた。もちろん、あの瞬間は少し混乱した。それ(負傷)がいつの出来事だったのか誰もピッチを知らなかったからね。とても、とても不運な出来事だった」

「私たちはみんなアンドレのことをとても気の毒に思っている。私は彼と彼のご家族に、彼の回復を心から祈っていることを伝えたい。VARについて話すと、VARはあれが悪質なタックルであって、それによる怪我だったのかチェックする必要があった。私たちはVARが生かされなかったこの状況に非常に失望している」

「彼らはピッチサイド・モニターで確認する必要があり、なぜそうしないのか。それですべてが変わってしまった」

ポチェッティーノがVARを引き合いに出したのは正しかった。VARはこの試合中に何度か介入し、そのたびにスタジアム内の雰囲気が熱気に変わった。ゴメスの事件が起きたとき、すでにエバトニアンはその前に明らかなPKを取り消されていたため、途方に暮れていた。

Tottenham Hotspur