/センク・トスンがアンドレ・ゴメスを襲った悲劇を振り返る

センク・トスンがアンドレ・ゴメスを襲った悲劇を振り返る

「彼が叫んでいるのが聞こえました。目を大きく見開いていました。エヴァートンのストライカー、センク・トスンがアンドレ・ゴメスの負傷の恐怖を明らかにし、選手たちは涙を流した

ジェンク・トスンはアンドレ・ゴメスのシーズンが終わった恐ろしい瞬間を描写し、その負傷を目の当たりにした多くの選手が泣きそうになったことを明らかにした。

途中出場でピッチに登場したばかりのトルコ代表ストライカーは、トッテナムのフォワード、ソン・フンミンのファールを受けた後に着地した足がグラウンドにもつれて倒れたゴメスのもとに駆けつけた。セルジュ・オーリエがゴメスに突進したときにその被害は壊滅的なものになった。

駆けつけたトスンは、ポルトガル人ミッドフィルダーが体勢を揺り動かして自身の患部を見下ろすのを防いだが、トラウマとなるであろう光景にゴメスはショックを受けていた。ゴメスはすぐに救急隊員の手当てを受け、手術を受けることになるエントリー(Aintree)病院に搬送された。

この試合で与えられたアディショナルタイムの12分が、7分ほど経過したところでエバートンの同点ゴールを決めたトスンだったが、同点ゴールにもトスンは空虚であり、考えはチームメイトと一緒であった。この事件を目撃した人々と同様、トスンも大いに動揺していた。

「誰もが心のなかでとても悲しんでいるよ」

「選手の中には泣きそうになった人もいた。アンドレはショック状態だった。彼の目はとても大きく開いていた。彼は泣き叫んでいた。僕はただ彼を抱きしめて話しかけようとした。僕は彼に平静を保つように言おうとしたんだ。僕たちは彼の言っていることが理解できなかった。怪我をしたのは彼だったからね」

Everton forward Cenk Tosun is in shock after witnessing Andre Gomes' horror ankle injury

エバートンは日曜日の夜に声明を発表した。

「アンドレ・ゴメスが今日のトッテナム・ホットスパーとの試合で足首を負傷し、月曜日に手術を受けることが決まった」

Tottenham Hotspur