/エリク・ラメラ:僕らが目指すのはトップ4だ

エリク・ラメラ:僕らが目指すのはトップ4だ

トッテナム・ホットスパーのアタッキング・ミッドフィルダーは、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で引き分けた後、チームのために次に何をするかについて話している。

エリク・ラメラはトッテナム・ホットスパーが単に今シーズンのトップ5入りを目指しているのではないとハッキリと語っている。

28歳のラメラは、金曜日の夜のプレミアリーグ再開後の初戦となったマンチェスター・ユナイテッドとの試合で、スパーズの中でも特に活躍した選手の一人だった。

この試合に引き分けたことにより、トッテナムは4位のチェルシーと勝ち点で6ポイント差(日曜にチェルシーが勝利したため現在の差は9ポイント)、ユナイテッドとの勝ち点は4ポイント差となっている。

マンチェスター・シティは来シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグからの追放処分に異議を申し立てており、その申し立てが成功したかどうかを7月に決まる予定だ。

もしシティがヨーロッパ戦に出場可能となれば、5位でもチャンピオンズリーグ出場権を得ることができる。

しかしラメラは、指揮官であるジョゼ・モウリーニョを見習って、目標を下げることを拒んでいる。

「いや、僕らはトップ4を目指して、全ての試合に勝つために努力しなければならない。これから残された試合でまだまだチャンスがあるんだ」

「僕らは一試合一試合を大切に戦っていくけど、我々の目標はトップ4だよ」