/イングランド対スウェーデン、イングランド全土を震わせたデレ・アリのゴール

イングランド対スウェーデン、イングランド全土を震わせたデレ・アリのゴール

ワールドカップ・クウォーターファイナル、イングランド対スウェーデンの59分(後半14分)、イングランドを28年ぶりのセミファイナル進出を大きく手繰り寄せるデレ・アリのヘッダーが炸裂した。ジェシー・リンガードのクロスにファーで合わせた負傷で傷ついた若きエースの一撃で多くのイングランド人のファンは勝利を確信。イングランド全土を大歓喜に包み込んだ。

 

前半、イングランドが得意のコーナーキックからハリー・マグアイアの先制ゴールによって1-0のリード。そして迎えた後半14分。

右サイドを深くまで進んだキーラン・トリッピアがバックパスでエリア手前のリンガードに繋ぐとスウェーデンのディフェンスはラインを上げる。ファーでその裏を狙っていたデレ・アリに、リンガードの浮き玉クロスがドンピシャ。マークを完全に外し、フリーで放たれたデレ・アリのヘッダーは、GKロビン・オルセンの頭上を突くも、球威で勝り、オルセンの両腕の間を抜けてゴールネットに突き刺さった。

 

■スパーズ公式ツイッターアカウント

デレ・アリのゴールを伝えるスパーズ公式ツイッターアカウント

 

 

■イングランド代表公式ツイッターアカウント

 

 

■Boxpark Croydon(ボックスパーク・クロイドン/南ロンドン)

まずは南ロンドンのショッピングセンター、ボックスパーク・クロイドンでのパブリック・ビューイングの光景。ゴールの瞬間に頭上に飛び交うは、おそらくビール。

2019年のカレンダー(スパーズ公式)