/ブライトン対スパーズのマッチスタッツ:今季最多のパス数、個のスキルで好機演出

ブライトン対スパーズのマッチスタッツ:今季最多のパス数、個のスキルで好機演出

ポゼションを高めて主導権を握ったスパーズだが、決定機は「個」のスキルから。

 
 

マッチ・サマリー

強さ Strengths

ブライトンは効果的なカウンターアタックから決定機を創出。スパーズは頻繁に相手からボールを奪取し、個のスキルで効果的に決定機を創造した。

弱さ Weaknesses

ブライトンは頻繁にボールを奪われ、エリア付近で多くのフリーキックをスパーズに与えた。一方、スパーズには弱さが無かった。

スタイル Styles

ブライトンのスタイルは両サイドを広く使い、ロングシュートを多用。スパーズはポゼションを高め、ショートパスを多用した。

 

パス・タイプ

スパーズはフラム戦(661本)を上回る今シーズン最多のパス数を誇る。繋がったパスの平均本数も7本と、今シーズンこれまでで最多だった5本(ニューカッスル戦とフラム戦)を上回った。

 

 

Tottenham Hotspur