/エメルソン・ロイヤル:僕はケチャップが好きなんだ!

エメルソン・ロイヤル:僕はケチャップが好きなんだ!

トッテナムの右サイドバック、エメルソン・ロイヤルがSky Sports Newsのポール・ギルモア記者に、ブラジルでの生い立ち、トッテナムでの生活、そしてアントニオ・コンテ新監督のもとでの禁止された食品について語った。

ブラジルの大都市サンパウロで育った幼少期のエメルソン・ロイヤルは、溢れんばかりの行動力で、しばしば兄たちを心配させていた。

「僕らはずっと戦争に参加していたんだ」と通訳を介してスカイスポーツに笑いながら語るロイヤル。

「転倒して頭を打ち、頭蓋骨を骨折しそうになったり、歯を折ったりするような子供だったんだよ」

「蹴ったボールが隣の家の敷地に落ちたこともあったね。ボールを取り戻そうとよじ登っているうちに感電してしまったんだよ」

「倒れて2分ほど気を失ったっけな。それで死にかけたってわけさ」

22歳のブラジル代表ディフェンダーのこのような大胆不敵な性格は、8月の移籍マーケット最終日にバルセロナからトッテナムに移籍して以来、そのエネルギッシュなパフォーマンスにも現れている。

しかし、アントニオ・コンテは、チーム全体の改善を目指し、選手たちの精神面でも肉体面でも大きく運命を変えようとしています。

「コンテは本当に競争力あふれるメンタリティを持ってやってきたんだ」

「決して前任者を批判しているわけではないよ。彼は僕らにすべてを捧げるように叩き込んでいるんだ」

「初日から彼は僕らにはっきりと言ったんだよ。彼の考えでは、トッテナム・ホットスパーはトロフィーを獲得できるし、誰にでも勝てるってね」

「その道を妨げるものは何もなくて、それが僕らが頭に叩き込まなければならないメンタリティなんだ」

Conte cuts a frustrated figure during the first half
リーズ戦に2-1で勝利し、スパーズでのプレミアリーグ初勝利を記録したコンテ