/レアル・マドリーCFの公式声明:マウリシオ・ポチェッティーノのコメントについて

レアル・マドリーCFの公式声明:マウリシオ・ポチェッティーノのコメントについて

トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督による、チャンピオンズリーグを控える彼らにトレーニング施設を提供するレアル・マドリーCFが施設内の宿泊を拒否したというコメントに驚いています。

 

レアル・マドリーは、このコメントは明らかに真実ではないことをハッキリとさせておきたいと思います。私たちのクラブは、常にUEFA、スペイン・フットボール連盟、クラブ・アトレティコ・デ・マドリー、リバプールFC、トッテナム・ホットスパーのすべての要望に応えるために絶対的な協力を示してきました。

レアル・マドリーに届いた要求は、シウダ・レアル・マドリーでのトレーニング・キャンプとその更衣室の使用のみです。そして、それらのすべてを私たちのクラブは受け入れました。

なお、リバプールは6月1日土曜日の午前中に私たちの施設でトレーニングすることを計画しています。トッテナムは、同じく5月30日木曜日と5月31日金曜日にトレーニングをする予定です。

レアル・マドリーはまた、チャンピオンズリーグのファイナリストの受け入れが、UEFAの安全の基準に従って割り当てられることを強調したいと思います。そして私たちのクラブは、これらのチームがシウダ・レアル・マドリーの施設に宿泊することを要求されたことはありません。

 


【補記】

マウリシオ・ポチェッティーノが「ファイナルを控え、我々はバルデベバスでトレーニングを行い、近くのホテルに宿泊する。私からフローレンティーノ(ペレス会長)に施設内に宿泊させてくれと頼んだが、彼は『レアル・マドリーの監督になったら泊まってもいいよ』との回答だった」とスペインのラジオ局『エル・パルティダッソ』に発言したと報じられたことを受けてのレアル・マドリーの公式声明。

※「バルデベバス」、「シウダ・レアル・マドリー」はレアル・マドリーのトレーニング・グラウンドのこと。

Tottenham Hotspur