/レアル・マドリードがセルヒオ・レギロンの買戻条項の行使額の減額を画策 [Defensa Central]

レアル・マドリードがセルヒオ・レギロンの買戻条項の行使額の減額を画策 [Defensa Central]

非常に複雑なオペレーション

レアル・マドリードは、トッテナムのダニエル・レヴィ会長が交渉相手として常に非常に手強い存在であるため、価格交渉が非常に複雑になることを熟知している。フロレンティーノ・ペレス会長は、2012年にルカ・モドリッチ、2013年にギャレス・ベイルを獲得するために彼と交渉した経緯から、レヴィのことをよく知っている。

マルセロの負傷離脱とミゲルの未熟さを考えると、妥当な価格であれば、レギロンの復帰はマドリードの長期的なチーム構想に合致するが、特にメンディもすでにそのポジションでプレーしていることから、元アカデミーのレギロンの買い戻しが実現すれば、贅沢な代役として復帰することになる。