/ジェイミー・オハラ:NSムラに敗れた選手たちはアントニオ・コンテから「大目玉を食らった」

ジェイミー・オハラ:NSムラに敗れた選手たちはアントニオ・コンテから「大目玉を食らった」

ヨーロッパ・カンファレンスリーグでNSムラに敗れたトッテナムの選手たちは、その屈辱の敗戦の後にアントニオ・コンテから大きな叱責をを受けたという。

これは元スパーズのミッドフィルダーであるジェイミー・オハラが明かした情報で、オハラ自身も、2-1でスロベニアの同大会の最弱チームを相手にクラブ史上最も恥ずかしい結果を出してしまったことについて酷評していた。

この敗戦により、スパーズはカンファレンスリーグのグループリーグを突破できるかどうかは微妙な状況だ。

オハラは、一部の選手が「ユニフォームを着るに値しない」とまで主張し、次のように言い放っていた。

「これだけは言いたい。あの選手たちの中には、スパーズのユニフォームを着る資格のない者がいる」

「ドハティ、サンチェス、エンドンベレ、アリ。彼ら全員だ。まったく恥ずかしいよ」

「セセニョンは30分で退場になったので、彼がまともにプレーできたのかどうかはまだ分からない」

「ケインがゴールしたが、彼はピッチの上で『なぜ俺はこんな仲間たちとこの試合をしていんだ?』と考えているに違いないよ」

そしてオハラは、コンテが選手たちにその屈辱をどう感じているかを明確に伝えたとの情報があるという。

「私は何よりもまずスパーズのファンであり、クラブに情熱を持っている。私は自分の心の内面をぶちまけて、時には我慢せずに言わなければならないこともあるんだよ」

「私はただ、スパーズが成功し、進歩するのを見たいんだ。私が観てきたいくつかのパフォーマンスは…、新しい監督が来て、アントニオ・コンテの視点から見ても、同じことを考えているだろうさ」

「噂では、彼が何人かの選手に大声で叱責したと聞いているよ。クラブの内部の人間から聞いたんだ。ぶちギレてたってね」

スパーズの明るい面は、週末の試合では負けなかったことだが、それは試合が延期になったためだった。