/【動画】ダコナム・ジェネ、ヘタフェのディフェンダーが移籍マーケットを席巻する

【動画】ダコナム・ジェネ、ヘタフェのディフェンダーが移籍マーケットを席巻する

現在の評価を得るまでには、紆余曲折があったジェネ。マルカ紙のインタビューで次のように振り返っている。

「ヨーロッパに来たばかりの頃は大変だったよ。フランスに着いて、12月にランスで実習生になったんだ。寒かったし慣れてなかったからね。それがヨーロッパで最初の経験だった。一生懸命に頑張ったよ。実力不足だって言われてしまったら、母国に帰らなきゃいけないからね。6ヶ月間そこで頑張って、それでアルコルコンからオファーが届いたんだ。スペイン語は話せなかったけど、ボルダラスは本当に良い人で、大いに僕を助けてくれたんだ」

 

■イングランドやスペインのクラブとの交渉

UEFAが選出した昨シーズンにラ・リーガでデビューした選手によるベスト11にジェネは選出され、さらにWhoScoredのスコアによってラ・リーガのチーム・オブ・ザ・シーズンに選ばれている。そして、必然的にフェタフェよりも優れたクラブが獲得に関心を示すこととなる。ヘタフェに親しい情報筋が明かす。

「ジェネはクラブを去りたがっているのは分かっている。適正なオファーが来れば去ることになるだろう。少なくとも3500万ユーロだね。昨シーズンを経て、ヨーロッパの多くのクラブが関心を持っている。我々にはどうにもならないことだろう」

 

イングランドのいくつかのクラブと交渉は持たれている。レスター、ウェストハム、アーセナル。しかし、最も熱心なのはトッテナムのようだ。ヘタフェが要求する3500万ポンドはまったく問題にならないだろう。スペインではアトレティコ・マドリーが関心を示しているが、ピレネー山脈の向こう側からセビージャもまた熱心に獲得に動いており、すでに2000万ユーロ+出来高500万ユーロのオファーが提示されたものの、合意には至っていないようだ。これから数週間、ジェネが移籍マーケットで活況を浴びる1人になるのは間違いない。

 

TAGS: