/ウィコム戦でのアルフィー・デヴァイン、デイン・スカーレットの招集を巡る大きな決断…

ウィコム戦でのアルフィー・デヴァイン、デイン・スカーレットの招集を巡る大きな決断…

また、サポーターはユースで大爆発中のデイン・スカーレットがスパーズのトップチームで活躍するのを今シーズン中に見たいと思っているだろう。

今シーズン、全公式戦15試合で20ゴールを記録してる16歳のスカーレットは、今月初めのFAユースカップ、ニューポート・カウンティ戦で5ゴールを記録して、6-2の勝利に貢献して話題になった。

モウリーニョとスタッフたちは、クラブに在籍するこれら才能ある若手選手のことをよく知っており、それはモウリーニョが今シーズンのヨーロッパリーグの彼らをベンチ入りさせたことからも分かる。

デレ・アリ、ドハティ、オーリエ、ロチェルソが招集メンバーを外れる場合、ウィコム戦に挑むための20人のプレー可能な選手が十分に揃っているにしても、モウリーニョはリバプール戦を前に数人の選手を温存することを決断するかもしれない。

そうなれば、デヴァインかスカーレットのどちらかがチャンピオンシップを戦うウィコムとの試合に出場する可能性が出てくるかもしれない。

前者は金曜日のU-23スパーズのウェストハム戦で90分間プレーし、後者はU-18スパーズでアーセナルに大敗した試合にフル出場していた。

おそらくFAカップの一戦を前に彼らがフルでプレーしたことは理想的な準備ではないが、それでも2人が招集される場合は、ベンチ入りメンバーの人数合わせのためのものであり、ベンチ・スタートから試合終盤にピッチに送り出される可能性があるかもしれない。

しかし、それはすべてアダムス・パークでモウリーニョが戦局を見て、どのように思考するかに依存する。

ウィコム戦は、開始1分から試合終了まで一方的に試合を支配し、攻め立て続けたマリーン戦のような展開にはならないはずで、モウリーニョはこの試合を侮り、大幅に戦力を落としたチームを選出し、FAカップ敗退の危険にさらすことはないだろう。