/ウィコム戦でのアルフィー・デヴァイン、デイン・スカーレットの招集を巡る大きな決断…

ウィコム戦でのアルフィー・デヴァイン、デイン・スカーレットの招集を巡る大きな決断…

月曜日の夜、ジョゼ・モウリーニョはウィコムで開催されるFAカップでトッテナムの先発メンバーに若手選手を含める絶好の機会を得る。

前回の公式戦は、1週間前のシェフィールド・ユナイテッド戦で3-1で勝利しているが、スパーズはこのウィコム戦でベスト16への進出を目指し、アダムス・パークに準備万端の状態で臨むことになるだろう。

その次の試合となる木曜日の大一番となるリバプール戦に向けて温存するため、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、ピエール・エミール・ホイヴィアらをウィコム戦で先発起用する可能性は低く、モウリーニョはスパーズのファーストチームで控え組となっている選手たちに貴重な出場のチャンスを与えることになる。

しかし、モウリーニョはバッキンガムシャーへの遠征で4人の選手を欠く可能性がある。

モウリーニョは金曜日の午後の記者会見で、ジオバニ・ロチェルソが今回も欠場となると語り、さらにマット・ドハティ、セルジュ・オーリエ、デレ・アリもこの試合を欠場する可能性があると明らかにした。

それら4人全員が欠場する可能性があるだけでなく、モウリーニョが先発メンバーの何人かを温存する可能性があるため、この試合で合計9人を招集メンバーに追加することになる。

トッテナムのファンは、前のラウンドのマリーン戦で後半の45分間プレーした16歳のアルフィー・デヴァインにFAカップの出場のチャンスを再び得てほしいと願っているだろう。

この夏、ウィガン・アスレチックから加入したデヴァインは、その試合の後半にベンチからピッチに入って15分後にゴールを決め、スパーズのクラブ史上最年少ゴールを記録した。

デヴァインはその若さにかかわらず、ピッチの上でしっかりと居場所を得ており、ノースロンドンにやってきてからの成長を続けていれば、これからもチャンスを得続けるだろう。