/デンマーク代表:肖像権問題で暫定和解、いつもの顔ぶれをウェールズ戦に向け招集(動画付)

デンマーク代表:肖像権問題で暫定和解、いつもの顔ぶれをウェールズ戦に向け招集(動画付)

 

多くの暫定メンバーがスロバキアのトルナヴァでプレー。オーゲ・ハレイデ監督も指揮を執らず、暫定監督としてヨン・イェンセンが指揮を執っていた。

木曜の合意によって、ハレイデ監督は通常の代表メンバーを招集可能となり、ライアン・ギグス監督が率いるウェールズに挑むことになる。DBUのイェスパー・ムラー会長は、今回の短期合意に喜びを明かす。

「この大事なネーションズ・リーグの試合に本来の代表メンバーで戦えることは、代表チームにとっても、デンマーク・フットボール界にとっても良いことだ。これで競技に集中できる」

スロバキア戦に挑んだデンマーク代表のメンバーのなかには、センターフォワードにセールスマンのクリスチャン・オッフェンベルグ、右サイドバックに学生のサイモン・フォルレーゼンといった選手がいた。

スロバキア対デンマークのハイライト