/デレ・アリ:トップ・パフォーマンスだったがパーフェクトではなかった

デレ・アリ:トップ・パフォーマンスだったがパーフェクトではなかった

 

 

 

スパーズ の前線4人、デレ、ソニー、ハリー、そしてクリスチャンによるエネルギッシュはチェルシーへのハイプレスが奏功したとデレは指摘する。

「相手は守備からしっかりボールを繋ぐプレーを志向していたのは分かってたからね。今の多くのトップチームと同じで、ポゼションをベースにしたチームなのさ」

「その生命線を早い段階で潰しておきたかったんだ。ピッチの高い位置でボールを奪い返してね。それができなければ、できるところでボールを奪い返して、できるだけ早く相手が陣形を整える前に攻め立てるのさ」

「僕らは多くのチャンスを作り出すことができた。別の日なら10ゴールくらい決まってたかもね!90分間を通して、素晴らしいパフォーマンスだったよ」

「彼らは素晴らしいチームだし、とても良いシーズンのスタートを切っている。大変な試合だったけど、僕らは成長を続けなければならないんだ。さっきも言ったけど、パーフェクトな試合ではなかった。まだまだ、僕らは上達しないといけない点があるから、次の試合ではそれを生かしたいし、毎試合、着実に成長していかないとね」