/デレ・アリ:完全に打ちのめされた。負傷者を言い訳にはできない

デレ・アリ:完全に打ちのめされた。負傷者を言い訳にはできない

続けてデレ・アリはファンに謝罪の意を表紙、チームのメンタリティが正しくなかったことを示唆した。

「僕らはファンに謝まらないといけないよ。彼らはここまで僕らを応援しに駆け付けてくれたんだ」

「僕らはこれから戦わなければならない。逃げ隠れをせず、今シーズンが良い状況ではないってことを認識してね。現実と向き合うんだ。僕らは苦境に立たされている。今はチームが自信を失ってしまっているけど、この状況を好転させないといけないんだ」

「メンタリティの問題だった。僕らはどのボールにも2番目に飛び込んでいったんだ。失点が続いたのは、僕らのメンタリティが正しくなかったからさ」

一方、トッテナムは4位のチェルシーに7ポイント差をつけられており、週末のマンチェスター・ユナイテッドとの重大な一戦を控え、プレミアリーグで8位につけている。

次のマンチェスター・ユナイテッド戦について、デレ・アリは次のようにコメントしている。

「僕らは切磋琢磨して上達していかないとね。チーム全体のパフォーマンスなんだ。再起を図るよ。週末は大一番だからね」

「今の自分たちが十分じゃないってことをすべての選手が認識できるくらいに成熟しないといけないんだ。経験ある選手として、僕は進化できるように頑張らないとね」