/デレ・アリ:完全に打ちのめされた。負傷者を言い訳にはできない

デレ・アリ:完全に打ちのめされた。負傷者を言い訳にはできない

RBライプツィヒに3-0で敗れ、トッテナムのチャンピオンズリーグでの敗退が決まったことを受けて、デレ・アリは多くのトピックについてコメントした。

23歳のデレ・アリは、ジョゼ・モウリーニョのチームがトータルスコア4-0で敗れた試合後にBTスポーツとのインタビューを受けている。

昨シーズンはチャンピオンズリーグ・ファイナルに辿り着いたスパーズにとって、ここでの敗戦は大きな後退であり、デレ・アリは試合後に精神的に打ちのめされていた。

「完全に打ちのめされたよ。試合前に僕らは信念を持っていたけど、良いパフォーマンスはできなかった」

「ここから進化していかないと、痛い目にあうよ。昨シーズンがあっただけに、ここでの敗退は残念だね」

「最初の失点は試合にあまり影響がなかったけど、チームとして相手にあまりにも多くのチャンスを与えてしまった。2失点目を決められてからは、逆転するのは困難になってしまったよ」

「僕らの成熟ぶりと戦う姿勢を見せなきゃいけなかったけど、できなかったんだ。(負傷者を)言い訳にはできないよ。何人かの優れた選手を欠いていたけど、こういったことは起こりうるからね。この試合に出た選手ができなかったんだ」