/スパーズ対シティ:プレーヤー・レイティング、ロリスとソニーがヒーロー

スパーズ対シティ:プレーヤー・レイティング、ロリスとソニーがヒーロー

デレ・アリ、ソン・フンミン、トビー・アルデルヴァイレルトが驚異のパフォーマンス。チャンピオンズリーグのマン・シティ戦でのスパーズの選手たちのレーティング。

 

チャンピオンズリーグのクウォーターファイナル、マンチェスター・シティに1-0で勝利したファーストレグでウーゴ・ロリスとソン・フンミンがトッテナムのヒーローだ。

ロリスは10分にVARによって与えられたシティのPKにおいて、セルヒオ・アグエロのシュートをセーブ。ソンは残り12分のところでゴールを決めスパーズのファーストレグでのアドバンテージを確保した。

光りに包まれた新しいホワイトハート・レーンで、格別なグローリー・グローリー・ナイトとなった。

しかし、この勝利には代償も伴ってしまった。ファビアン・デルフとの衝突でエースのハリー・ケインのシーズンは終わってしまったかもしれない。イングランド代表キャプテンは、再び靭帯を損傷した懸念がある。

ロブ・ゲスト記者によるトッテナム・ホットスパー・スタジアムでの選手たちのレーティングは次の通りだ。

ウーゴ・ロリス 8

最近は別の意味で見出しを飾っていたが、今回はチームの窮地でセルヒオ・アグエロのPKとスパーズを見事にセーブした。シティの攻撃のオプションは豪華なはずだが、それ以降はほぼ出番は無かった。

 

キーラン・トリッピア 7

サイドでラヒーム・スターリングにしっかりと対応してみせた。攻撃にも参加したがクロスの精度は、時折期待を下回った。

 

トビー・アルデルヴァイレルト 9

スパーズの守備に岸壁として立ちはだかり、アグエロと仲間たちを零封した。前半には元チームメイトのカイル・ウォーカーのボレーをブロックした。

 

ヤン・フェルトンゲン 7

前回のチャンピオンズリーグのホームゲーム(ドルトムント戦)ほどの輝きは放てなかったものの、いつもどおり守備で頼れる存在だった。