/デレ・アリ:インテルに移籍したクリスチャン・エリクセンへの想い

デレ・アリ:インテルに移籍したクリスチャン・エリクセンへの想い

エリクセンは、日曜日にウディネーゼ戦に出場し、2-0で勝利した。セリエAのタイトル争いを続けるインテルで最初の先発メンバーとなった。一方、同じ週末にスパーズは同じスコアで10人のマンチェスター・シティに勝利し、脱エリクセンを始動した。

シティ戦でデビューしたスティーフェン・ベルフワインとソン・フンミンの後半のゴールは、モウリーニョ監督のもとでのスパーズにとって最初の画期的な勝利となり、2月22日にスタンフォード・ブリッジで対戦する4位チェルシーとの差を4ポイントに縮めている。

デレ・アリは、この結果がトッテナムに驚異的な自信をもたらすと信じており、トップ4の座が手の届くところにあると考えている。

「順位表を見れば、その順位が近づいていることがわかるよね」

「これから明らかに難しくなっていくことはわかっているけど、チームとして結束しなければいけないときだ。時々僕らは自滅してしまい、正しい結果を出せないことがあったのは知ってる。でも、これからしっかりと一試合一試合をモノにして、成長を続けなければならない。そして最後には目標を達することができるようにね」

「自信という意味では、僕らにとって大きな結果だよ。3ポイントを獲得すると期待されていたいくつかの試合で、僕らは結果が出せなかった。立て直すのは簡単じゃないけど、日曜日は素晴らしい結果が出せたんだ。まだまだ一息つける順位ではないし、やるべきことがたくさんあるけど、ホームでの強さを発揮できるっていう自信を与えてくれる結果だよ」