/デレ・アリがTwitterでトッテナムのファンへのメッセージ

デレ・アリがTwitterでトッテナムのファンへのメッセージ

トッテナムのミッドフィルダーは、2020-21シーズンのプレミアリーグでほとんどで存在感を消してしまっていたが、本人もその消えっぷりを痛感していた。

このイングランド人プレーメーカーにとって非常に困難なシーズンを過ごした後、トッテナム・ファンにメッセージを送った。

デレは、前監督のマウリシオ・ポチェッティーノのもとでスターダムにのし上がったが、優勝請負人としてだけでなく、選手との関係で物議を醸すことでも有名な後任のジョゼ・モウリーニョのもとは、チーム構想から締め出されてしまった。

モウリーニョは、Amazon Primeで放送されたドキュメンタリー番組「All or Nothing」の中で、彼のことを公然と「怠け者」と表現していた。

しかし、モウリーニョの解任によってチャンスを取り戻したデレ・アリは、ライアン・メイソン暫定ヘッドコーチのもとで試合に出場。

しかし、これほどの才能を持った選手に与えられた出場時間は、これだけでは十分ではない。また、出場時間が少ないということは、ギャレス・サウスゲートのユーロ2020に挑む、イングランド代表の26人に入る可能性がほとんどないことを意味する。

そのような状況の中で、デレは悩みを抱えていた。25歳のアタッカーは、ツイッターで正直な自己分析を行い、これまで以上に強く、フィットした状態で戻ってくることを決意したと述べている。