/ギャレス・サウスゲイト、デレ・アリをもっと大きなインパクトが出せるエリアに

ギャレス・サウスゲイト、デレ・アリをもっと大きなインパクトが出せるエリアに

スウェーデンとのワールドカップ・クウォーターファイナルを控えるイングランド代表のギャレス・サウスゲイト監督は、デレ・アリが見事な仕上がりを見せていると明かしている。

 

ワールドカップの初戦チュニジア戦で先発したデレ・アリだが、太ももを痛めてその後の2試合、パナマ戦とベルギー戦を欠場していた。

火曜の夜のコロンビア戦でトッテナムのミッドフィルダーは先発メンバーに復帰したものの、その試合では満足なインパクトを残すことができず。試合中には、負傷箇所を気にしているような仕草が何度か確認されている。

 

England face Sweden in Samara on Saturday afternoon

 

しかし、サウスゲイトは今大会のロシアでのこれまでの22歳のデレ・アリのパフォーマンスに満足していると口にし、土曜日のスウェーデン戦でもその攻撃の才能に期待している。

「デレについてだが、私はチュニジア戦での彼のパフォーマンスは、私がイングランド代表の監督に就任してからの優れたレベルにある」

「彼はベストな状態であるし、中盤から前線に仕掛ければ相手にとって本当に脅威になるよ」

「先日の夜の試合(コロンビア戦)では、少し状況が違っていたが、ボールが無い局面で彼はチームのために精を出して仕事をしてくれたよ」

 

The Tottenham midfielder has struggled for fitness at times during the tournament

 

「彼が強みを発揮できるエリアにもっと積極的に入っていけるようにするために、我々が彼にもう少し自信を持たせる必要があると思っている。彼が試合のなかで最も大きなインパクトが出せるエリアにね」

「それは私が戦術面で考えるべき点になるが、さっきも言った通り、彼はチームのためにファンタスティックな仕事をしてくれているんだ」

2019年のカレンダー(スパーズ公式)