/ダニー・ローズ:絶対に今のスパーズとの契約を全うする

ダニー・ローズ:絶対に今のスパーズとの契約を全うする

ダニー・ローズは、クラブから契約延長の可能性は無いと伝えられたため、トッテナムとの契約の残り18カ月間を最後まで全うすることを決意した。

29歳のディフェンダーは、クラブの上層部が夏に自身を放出する意向を示したことを示唆したが、今シーズンに「多くのミス」が自身が犯していることを認めながらも、選手としてマウリシオ・ポチェッティーノ監督を全面的に支持することを表明している。

スパーズはここ2度のの夏の移籍マーケットの期間中に、イングランド代表のローズへの獲得オファーを受け付けていたが、7月のプレシーズンのアジア・ツアーのメンバーから外すことによってローズに「他のクラブへの移籍を考えるように」との宣告をしていた。

ローズは、シーズンオフには獲得オファーがなかったと主張。スパーズを離れるにしても、現在の契約が終了する2021年6月にフリーエージェントになったときだけだと述べている。

木曜日、ユーロ2020予選でモンテネグロ戦を控えるイングランド代表のキャンプにて、ローズは現在の調子について聞かれたが、自身の将来への推測について次のように語り始めた。

「(夏に)何が起こったかはかなり明白だよ。トッテナムの上層部は、自分たちが進めようとする方針に従って事を進めようとした。僕は彼らに言ってやったのさ。残り18ヶ月の契約期間を終えるまでどこにも行かない、ってね」

「1月にはおそらくまた何か(移籍の噂)を耳にするだろう。今ここで僕が言いたいのは、契約が終わるまではどこにも行かないということさ」

「夏にダニエル・レビィ会長は、トッテナムが僕に新しい契約をオファーすることはないと言っていたけど、それでいいさ。それを尊重するよ。僕らは次に進むのさ」

TAGS:
Tottenham Hotspur