/ダニー・ローズ:マウリシオ・ポチェッティーノ監督からの最高の贈り物

ダニー・ローズ:マウリシオ・ポチェッティーノ監督からの最高の贈り物

マンチェスター・ユナイテッドに3-0で勝利した試合にダニー・ローズはフル出場を果たしたものの、このイングランド代表の左サイドバックのトッテナムでの未来は依然不透明なものかもしれない。

 

これが今シーズンの初出場となったローズだが、金曜日のヨーロッパのクラブの移籍マーケット最終日までに移籍をする可能性が伝えられている。28歳のローズは、今月初めにドイツのシャルケへの移籍を拒否。一方で、パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督からは高い評価を明かされている。ただし、リーグ・アン王者のPSGは、フィナンシャル・フェアプレーの規制によって補強の動きに二の足を踏んでいる状況だ。

「調子は良いよ。自分の将来についての噂話は聞いてないからね。金曜日の先もここにいるなら、そうなることを望んでいるけど、素晴らしいことだよ。今シーズンを終えた時に僕らが何を手にしているのかを見届けるのが僕は楽しみなのさ」

「僕と監督は電話で(今後について)話したんだ。それに、ここ最近でも2回の1時間ミーティングをしている。僕らは現状を認識し合ってるよ」

憶測報道は絶え間なく流れているが、ローズは次節のワトフォード戦に向けて集中を保っていくと語る。ワトフォードもまた、スパーズと同様に今シーズンの開幕戦から3連勝と好発進している。

オールド・トラフォードで先発メンバーに名を連ねたローズは、ポチェッティーノに対して感謝の気持ちを明かしている。いまだ将来は不透明ながら、これまでにポチェッティーノから与えられた最大の贈り物だったと表現している。

「日曜、(ユナイテッド戦で)僕が先発できるかどうかにナーバスになっていたんだ。正直、自分でも先発できるなんて思ってなかったさ」

「オールド・トラフォードに着く前のミーティングで衝撃が走ったね。いつか状況が変わるとは思っていたけど、ここで自分に出番が来るなんて思いもしなかったからね。ここでチャンスがもらえて、天にも昇る心地だったよ」

TAGS: