/ダニエル・レヴィ会長はユナイテッド戦でトッテナムの課題の大きさを理解しただろう

ダニエル・レヴィ会長はユナイテッド戦でトッテナムの課題の大きさを理解しただろう

クラブの資金が潤沢ではない今、今シーズンの期待を裏切り、他のクラブで新たな挑戦をする必要のある選手たちを放出するために、レヴィ会長は魔法のような動きをしなければならないだろう。

ここからスパーズがピッチ上で前進するためには、一つ一つの決断を的確に行う必要があるのだ。

2013年にサー・アレックス・ファーガソンがオールド・トラッフォードを去ってから、スパーズはユナイテッドよりも上の順位で終わることが多かったが、今では立場が逆転し、今シーズンが終了する前に両者の勝ち点差が14ポイントにまで広がる可能性がある。

もし、スパーズが夏の移籍マーケットを含むこれから数ヶ月の間に決断を誤れば、次のシーズンでさらに遅れをとる可能性がある。

日曜日の夜、オーレ・グンナー・スールシャールのユナイテッドは、トッテナムに「後半をどのように戦えばよいのか」をそのパフォーマンスを見せつけたが、この試合によってレヴィ会長はクラブに課せられた課題の大きさをすんなりと理解したはずだ。