/ダニエル・レヴィ会長はユナイテッド戦でトッテナムの課題の大きさを理解しただろう

ダニエル・レヴィ会長はユナイテッド戦でトッテナムの課題の大きさを理解しただろう

トッテナムは、日曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦に3-1で敗れたことで、再びチャンピオンズリーグへの出場権を逃す深刻な危機に瀕している。

トッテナムがトップ4でシーズンを終えるためには、プレミアリーグの残り7試合で奇跡を起こす必要がありそうだ。

日曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦に3-1で敗れたことで、4位のウェストハムとの差は6ポイントとなった。この週末は、ライバルたちがすべて最大のポイントを獲得するという、スパーズにとっては悪夢のような展開となった。

ジョゼ・モウリーニョのスパーズは、最終節までにチェルシー、リバプール、ハマーズが勝ち点を落とすことを期待しなければならず、その上でトッテナムは自分たちの試合に勝って、自分たちに有利な結果が他会場で繰り返されるのを祈るしかない。

前半終了の5分前にソン・フンミンのゴールで1-0とリードしていたスパーズだが、レッドデビルは後半にフレッド、エディンソン・カバーニ、メイソン・グリーンウッドのゴールでスパーズを圧倒し、アウェイでの驚異的な戦績を維持した。

後半は、ウーゴ・ロリスがブルーノ・フェルナンデスのシュートを防ぎ、エリック・ダイアーがポール・ポグバのゴール至近距離からのヒールでのシュートを阻止するといった瀬戸際での好守があったが、これらがなければ3点以上の差がついていたかもしれない試合展開だった。

今シーズンのスパーズは、後半、スコアでリードしていても、そうでなくても、自陣に引いてしまうことがよくあるが、マンチェスター・ユナイテッドは後半の45分で見事な戦いぶりを見せた。

ポグバとカバーニが中盤を見事に牽引し、ソンが至近距離からのゴールを狙い、反撃を試みたスパーズにとっては、非常に厳しい展開を強いられていた。