/ダニエル・レヴィ会長が夏の移籍マーケットでの失敗を認める

ダニエル・レヴィ会長が夏の移籍マーケットでの失敗を認める

レヴィはいくつかの選手との契約延長をめぐる交渉の状況について、選手本人に契約の意思がなければ、いかようにしても契約延長のオファーにサインさせることはできないと説いた。

スパーズの会長はその会合の出席者に対し、長年スパーズに所属している一部の選手にも、新天地での新たなチャンスを求めているという実情にも触れた。

ただし、新しい挑戦を求めてはいる選手たちだが、だからといってトッテナムのためにプレーしたくないというわけではないとも補足していた。

TAGS: