/ダニエル・レヴィ会長が夏の移籍マーケットでの失敗を認める

ダニエル・レヴィ会長が夏の移籍マーケットでの失敗を認める

トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、夏の移籍マーケットが予定通りにいかなかったことを認めた。

レビィをはじめとするクラブの経営陣と上級スタッフは先週、リリーホワイト・ハウスでトッテナム・ホットスパー・サポーターズ・トラストとの定期会合を開いた。

その中でレヴィは、クラブが移籍マーケットが閉まる前に複数の選手を放出しようと動いたものの失敗に終わったことを明らかにした。

さらにレヴィは、その失敗の90%が、買い手となるクラブが見つからなかったか、または選手が見つかった買い手クラブへの移籍を望まなかったためだと説明した。

最終的に、夏の移籍マーケットはクラブが望むほど大きな戦力刷新をすることができなったということだ。

57歳のレヴィはまた、非常に多くの要因が刻々と変化しているために、移籍が成立する最後の一歩を踏み越えることがいかに難しいかを強調した。しかし、このプロジェクトの次の段階はすでに進行中であること。すなわち、夏の新戦力や放出となった戦力によって、望んだほどではないが確かに前進はしていると主張した。

Levy revealed that manager Mauricio Pochettino has players in his squad he wanted to sell
TAGS:
Tottenham Hotspur