/アーセナルはダニ・セバージョスのローン補強に1500万ポンドを投じた

アーセナルはダニ・セバージョスのローン補強に1500万ポンドを投じた

アーセナルがレアル・マドリードの余剰戦力であるダニ・セバージョスとシーズン・ローンによる獲得に費やしたコストは1500万ポンドだ。

レアル・マドリードのスペイン人ミッドフィールダーは、ブラジル人ストライカーのガブリエル・マルティネリに続く、ウナイ・エメリのこの夏の2人目の補強となった。

エメリ監督は次のように語っている。

「ダニが加わるのを楽しみにしている」

「彼は技術力、創造力、正確さを兼ね備えた才能ある選手だ」

セバージョスのローン費と給与は1500万ポンドを超えるが、このローン契約には来年夏の完全移籍のオプションは含まれていない。

元ベティスの22歳ミッドフィルダーは、エメリがレギュラーでの起用を約束したことで、ローンでのアーセナルへの移籍の選択を固めた。

トッテナムも、レアル・マドリードがセバージョスの放出を認めたときに獲得に熱心だった。

しかし、エメリのファーストチームでの出場機会の確約が違いを生み出した。

セバージョスは、レアル・マドリードがラ・リーガで苦闘して3位に終わった昨シーズン、リーガでわずか13回の先発を記録したのみであったため、ユーロ2020にスペイン代表に選ばれるチャンスを増やすためにも出場機会に拘った。

しかし、今年の夏にU-21スペイン代表でヨーロッパを制覇した後、レアル・マドリードは彼を完全移籍で放出することを考え直し、ローンのみを受け入れることとした。

エメリはまた、サンテティエンヌのセンターバック、ウィリアン・サリバを2700万ポンドで獲得した。

さらに、セルティックのサイドバック、キーラン・ティアニーをめぐる交渉が続いている。