/クリスティアン・ロメロ獲得を敢行か?撤退か?ドゥシャン・ヴラホヴィッチへの動きを含めファビオ・パラティチの電話は鳴りっぱなし

クリスティアン・ロメロ獲得を敢行か?撤退か?ドゥシャン・ヴラホヴィッチへの動きを含めファビオ・パラティチの電話は鳴りっぱなし

ヌーノ・エスピリト・サント監督のもとで行われたプレシーズンのMKドンズ戦で3-1の勝利を収めたトッテナム・ホットスパーの5つの話題を掘り下げる。

試合内容、戦術、ファン

ヌーノ・エスピリト・サントがプレシーズン中、毎日のようにホットスパー・ウェイでダブル・セッションを行っていることからも、トッテナムの選手たちのフィットネスが向上していることは明らかだ。

今回のMKドンズとの親善試合は、これまでの2試合に比べてより実戦に近い印象を受けた。これまでの2試合ではアカデミー選手を多用し、大量の交代を行ったことで、リズムが失われ、トレーニングの延長のような印象を与えられた。

水曜日の夜のMKドンズ戦では、最初の2人の交代は63分になってから。そのうちの1人は復帰したベン・デイビスで、両サイドバックが入れ替わった。

さらに74分には2人が交代し、試合の終盤には、スポーツ科学のスタッフが、これまでの試合よりも先発メンバーを長く持たせることができると判断したため、大半の選手が交代した。

新指揮官は、選手たちの運動量を管理し、できるだけ負傷者を出さずにマンチェスター・シティとの開幕戦を迎えるため、何人かの選手を温存した。ウーゴ・ロリスはプレシーズンのトレーニングに戻ってきたものの、ベンチ入りしたまま出場機会は与えられなかった。

エスピリト・サントは、選手たちにハードワークを強いており、そのプレシーズンの取り組みはまだ終わったわけではない。マウリシオ・ポチェッティーノの頃と同じように、エスピリト・サントは、試合全体を通して戦術を機能させ、切り替えるためには、信じられないほど高いフィットネス・レベルが必要だと考えている。