/ジャン・ピエロ・ガスペリーニ:クリスティアン・ロメロの後任ディフェンダーは問題ない

ジャン・ピエロ・ガスペリーニ:クリスティアン・ロメロの後任ディフェンダーは問題ない

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、トッテナムへの移籍が噂されているクリスティアン・ロメロの将来について、新たな情報を発表した。

ジャン・ピエロ・ガスペリーニは、トッテナムとの関係が取り沙汰されているクリスティアン・ロメロについて、月曜日にプレシーズンに復帰した時にその立場を見極めると語った。

イタリアでの過去3シーズンで注目を集めたセリエAの最優秀ディフェンダーは、ユベントスから現在アタランタに2年間のローン移籍に出されている。

アタランタは、この23歳のディフェンダーを買い取るオプションを持っており、今夏にその条項を行使し、その後、スパーズに売却して利益を得ようとしている。

アタランタとトッテナムはロメロの獲得に向けて交渉を進めていたが、ラ・ディア(アタランタの愛称)が要求している高額な移籍金によって交渉は停滞している。

この夏、トッテナムはディフェンスの中心を強化する必要があるため、ファビオ・パラティチとクラブは、プレミアリーグ開幕戦のマンチェスター・シティ戦まであと15日となった今、すぐにでも契約を成立させたいと考えているようだ。

土曜日の午後、プレシーズン・マッチのポルデノーネ戦に勝利したガスペリーニは、試合後の記者会見でロメロについて質問を受けた。

「ロメロは月曜日に戻ってくるので、まだ実際には会っていない」

「彼の立場がどうなっているのかを確認することになるが、もちろん2つのクラブの間で交渉が進行しているわけだ。彼が出て行くことになれば、どのような移籍金になるのかがわかるね」