/カーヴェ・ソルヘコル:プレミアリーグの3つの想定シナリオとユルゲン・クロップの王者としての風格

カーヴェ・ソルヘコル:プレミアリーグの3つの想定シナリオとユルゲン・クロップの王者としての風格

Sky Sports Newsのカーヴェ・ソルヘコルは最新のコラムで、プレミアリーグの全20クラブが金曜日に今シーズンを一時中断することを望んでいたことを明らかにしたが、次に何が起こるかについては意見が異なっているようだ。

プレミアリーグは、新型コロナウイルスの脅威により、早くとも4月4日まですべての日程を延期した。

一部のクラブは4月4日にリーグを再開できれば今シーズンが完了すると信じているが、その他のクラブは8月の来シーズンの開幕まではプレミアリーグの試合が開催できない可能性への準備を開始することがより現実的だと考えている。

プレミアリーグのあるクラブの上位層は、今シーズンを完遂できない確率は75%と見てるようだ。

いくつかのクラブは今シーズンがここで完全に終了となることには反対している

「3週間で(4月初に)再開できるとは思ってない。数ヶ月はかかるだろう。来季の開幕が心配なくらいだ。大きいな問題だらけだ。昇格と降格はどこなんだ?」

匿名を条件に、彼はスカイスポーツニュースに次のように語った。「3週間後に戻ってくる可能性はありません。これは数か月続き、来シーズンの始まりについても疑問に思います。

「今シーズンを最後までやり抜けない確率は75%だと思っている。大きな問題ばかりだ。昇進チームと降格チームはどこなんだ?」

「4つのどのディビジョンでも、多くのクラブが財政難に直面するだろうね」

プレミアリーグのクラブは、UEFAが来週火曜日に開催するヨーロッパ・フットボール関係者会議でどのような決定が下されるかを待っている。

ヨーロッパ・フットボール界の主要関係者によって、今シーズンのチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、そして夏のユーロ2020について決定をする。

プレミアリーグはユーロ2020が延期された場合、今シーズンのリーグ日程を終わらせるためにより長い期間が得られるが、特に新型コロナウイルス感染症が拡大を続けることが予想されるため、特にイギリスでの新型コロナの拡大のピークが5〜6月と見られているがなかで、その先の夏に入ってからも選手やクラブが試合開催を望むが注視される。